薬剤師求人 > 保険薬剤師について

薬剤師求人-保険薬剤師について

2006年の法改正以降、薬剤師になるためには、6年制の薬学部教育を修了し、薬剤師の国家試験に合格する事が条件になっています。

様々な業務がある薬剤師ですが、その中でも、薬剤師なら誰でも行う基本中の基本と言っていいのが調剤業務です。しかし、この調剤業務の中には、「保険薬剤師」でしか行うことのできないものも存在します。保険薬剤師とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ご承知のとおり、日本においては、国民殆どが加入している公的保険制度があります。医療機関が保険制度の適用を受けるためには、「保険医療機関」としての認定を受ける必要があります。

同じように、保険医療機関で勤務する医師や薬剤師も、「保険医」、「保険薬剤師」として登録を行う必要があります。薬剤師の国家資格を保有していても、保険薬剤師としての登録が行われていなければ、保険医療における公的な業務の1つである「保険調剤」を行うことは許されないのです。

調剤薬局は、薬剤師の就職先の中でも最も数が多いとされていますが、国民皆保険と言っても良い日本においては、殆どの調剤薬局は「保険調剤薬局」の認定を受けています。

すなはち、調剤薬局で薬剤師として働きたい、という場合は、必然的に薬剤師も保険薬剤師の登録を行う必要があります。調剤薬局以外の医療機関でも、保険医療に関わる業務を行う期間で勤務する薬剤師は、保険薬剤師の登録が必須になります。

いくつかの例外としては、同じ保険調剤を行う業務でも、病院内の薬剤部等に勤務する場合には、「保険薬剤師」としての登録は不要です。ドラッグストア等で勤務する場合も基本的に必要ありませんが、ドラッグストアに調剤部門が併設されており、調剤業務を行う場合には必要になります。

保健薬剤師の登録は、勤務先の管轄の地方厚生局で行います。登録に際しては手数料等の費用は不要ですが、登録後に研修を受けなければいけません。

現在の日本の保険制度を考えた場合、薬剤師として働く方の大部分の方が、保健薬剤師としての登録が必要になると考えられます。薬剤師として初めて就職する場合や、病院勤務から保険薬局へ転職するような場合に必要となりますので、覚えておくと良いでしょう。