薬剤師求人 > 保険薬剤師について

薬剤師求人-保険薬剤師について

2006年の法改正以降、薬剤師になるためには、6年制の薬学部教育を修了し、薬剤師の国家試験に合格する事が条件になっています。

様々な業務がある薬剤師ですが、その中でも、薬剤師なら誰でも行う基本中の基本と言っていいのが調剤業務です。しかし、この調剤業務の中には、「保険薬剤師」でしか行うことのできないものも存在します。保険薬剤師とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ご承知のとおり、日本においては、国民殆どが加入している公的保険制度があります。医療機関が保険制度の適用を受けるためには、「保険医療機関」としての認定を受ける必要があります。

同じように、保険医療機関で勤務する医師や薬剤師も、「保険医」、「保険薬剤師」として登録を行う必要があります。薬剤師の国家資格を保有していても、保険薬剤師としての登録が行われていなければ、保険医療における公的な業務の1つである「保険調剤」を行うことは許されないのです。

調剤薬局は、薬剤師パートの求人先の中でも最も数が多いとされていますが、国民皆保険と言っても良い日本においては、殆どの調剤薬局は「保険調剤薬局」の認定を受けています。

すなはち、調剤薬局で薬剤師として働きたい、という場合は、必然的に薬剤師も保険薬剤師の登録を行う必要があります。調剤薬局以外の医療機関でも、保険医療に関わる業務を行う期間で勤務する薬剤師は、保険薬剤師の登録が必須になります。

いくつかの例外としては、同じ保険調剤を行う業務でも、病院内の薬剤部等に勤務する場合には、「保険薬剤師」としての登録は不要です。ドラッグストア等で勤務する場合も基本的に必要ありませんが、ドラッグストアに調剤部門が併設されており、調剤業務を行う場合には必要になります。

保健薬剤師の登録は、勤務先の管轄の地方厚生局で行います。登録に際しては手数料等の費用は不要ですが、登録後に研修を受けなければいけません。

現在の日本の保険制度を考えた場合、薬剤師として働く方の大部分の方が、保健薬剤師としての登録が必要になると考えられます。薬剤師として初めて就職する場合や、病院勤務から保険薬局へ転職するような場合に必要となりますので、覚えておくと良いでしょう。

管理薬剤師として働く

管理薬剤師になると、仕事が忙しくなる代わりに様々なメリットがあります。 一般的に管理薬剤師として働き始める場合、他の薬剤師たちの上司的な立場になることが多いでしょう。

沢山の薬剤師をまとめなければならないこともあるため、責任も重いです。

こういったことから、管理薬剤師として働き始めるためにはそれなりの知識と経験が必要になります。 これから薬剤師として上を目指したいと思っているのであれば、まずは管理薬剤師を目指すことになるでしょう。 管理薬剤師として働いていた経験は様々なところで活かすことができます。

過去に管理薬剤師として働いたことがあると就職でも有利になるだけでなく、ドラッグストアの各店舗などでも他の薬剤師をまとめられる存在として重宝されるはずです。

では、管理薬剤師になるためにはどうすればいいのかというと、大きく分けて二つのパターンが挙げられます。 一つ目がそれまでの働きが認められて昇格するパターン。

管理薬剤師として働く上では様々な経験や知識を持っていたほうが好ましいので、こちらのケースが一般的ではあります。

ですが、二つ目のパターンとして薬剤師が不足しているために管理薬剤師になる人もいます。 管理薬剤師とは薬局の責任者であるため、各薬局に1人はいなければいけません。

その薬局で長く勤めていた方が選ばれることが多いのですが、薬剤師が不足している薬局などでは、新人薬剤師しかいないケースもありますよね。

そういった場合は、新卒の薬剤師が管理薬剤師として選出されることもあるのです。 初めから管理薬剤師を目指したいと思っているのであれば、管理薬剤師の求人情報をチェックしてみてはどうでしょうか。

大手の薬局を選択するとライバルが沢山いる可能性があるので、採用率を高めたいと思っているのであれば小さめの薬局を選択するのもおすすめです。

また、薬局によっては管理薬剤師になるための最低条件を定めているところもあるので、そういった点も確認した上で応募しましょう。

認定薬剤師の転職事情

一口に薬剤師といっても様々な仕事内容と役割があります。 例えば、認定薬剤師という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 これは、ある特定の医療分野に関して深い知識や技術を持っていることが証明された薬剤師のことです。

認定薬剤師になるためには、認定を行っている団体や大学、学会などに申し込みをする形になります。 認定薬剤師という制度が始まったのは2004年ということもあり、まだまだ新しい制度だといえるでしょう。

どの団体や大学に認定してもらうかによって認定基準は違いますが、認めてもらうためには、とても多くの実務経験や知識を積まなければなりません。

それから、認定薬剤師として働いている方は、専門薬剤師として活躍することも可能です。 こちらも認定薬剤師と同じくとても専門的な知識を必要とする職業だといえます。

専門的な仕事をしたいと思っている方にとってこういった働き方はとても魅力があるのではないでしょうか。

しかしながら、認定薬剤師の求人情報は大量に出ているとは言えない状況です。 その理由として挙げられるのが、限定された専門的な知識を持っている認定薬剤師を必要とする職場がそれほど多くないということ。

もちろん、自分の知識を十分に活かせる職場を見つけることができれば、かなりの好条件で雇ってもらうのは難しくないでしょう。

ですが、大変な努力をして認定薬剤師の資格を取得したものの、それが活かせる職場が見つからず不満を感じてしまう方もいるようです。

認定薬剤師の資格を活かして働ける職場を見つけたいと思っているのであれば、求人情報誌のみに頼った職場探しはおすすめできません。 できるだけ多くの求人情報をチェックすることが重要となるので、インターネットを活用した職場探しをしてみてはどうでしょうか。 特におすすめなのが薬剤師専門の転職支援サイトを使った方法です。

そういったところ活用したとしても認定薬剤師の求人情報は多いとは言えませんが、定期的に求人情報をチェックするなどして自分に合った職場探しをしてみましょう。