保険薬局とはどんなところ?

薬剤師-保険薬局について

薬剤師が勤務する薬局の中に「保険薬局」と呼ばれるものがあります。これは、厚生局の保険指定を受けて、健康保険等の保険の適用を受けて保険調剤業務を行う薬局のことを意味します。

保険薬局において保険調剤業務を行うためには、そこで勤務する薬剤師も「保険薬剤師」の登録を行う必要があります。

保険薬局は、医療提供施設として独立した建物にあって、従事者や管理者等の人員面や、会計面においても、他の医療機関と区別されていなければなりません。

勿論、保険を使用するため、保険点数の計算、請求手続き等の保険関連業務も行います。 保険薬局においては、保険調剤の他に、医薬品の販売も行えますが、保険薬局以外の薬局では、医薬品の販売は可能ですが、「保険調剤」はできません。

保険薬局に対する一般的なイメージとしては、昨今の医薬分業の進歩に伴う、病院・医院等の医療機関のすぐそばにある、いわゆる「門前薬局」が代表的ではないでしょうか。

ですが最近では、医療機関に隣接していない薬局でも、保険指定を受けて保険調剤を行うケースが増えてきています。また、医薬品以外の日用生活品や化粧品等、食品等も扱うドラッグストアでも、保険指定を受けて、店舗の一角で保険調剤業務を行うという、「調剤併設型ドラッグストア」と呼ばれるものが増加の傾向にあります。

このような保険薬局数の増加による、一種の飽和状態の流れを受けて、他の薬局との差別化に力を入れるところが多くなってきています。顧客満足度の向上に努めたり、複数の医療機関からの処方箋に対応するような動きも、これに起因していると言えるでしょう。

加えて、平成20年4月1日以降、保険薬局においては、医師の処方箋に「変更不可」の指示がなければ、いわゆる「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」を薬剤師の判断で選択することが可能になりました。

ジェネリック医薬品は、効能等は先発医薬品と同じですが、基本的に安価であるため、患者さんの負担を軽減する事が可能です。

こうした、処方薬のアドバイザー的な役割も、保険薬局の新たな特徴と言えるでしょう。